ニーズにあったコンテンツ

SEO対策をするべきキーワードを選定したとしても、ユーザーの検索意図にあったコンテンツを実際に用意しないことには話になりません。

コンテンツが高い評価を得るために、NeedsMet評価とPageQuality評価の双方で、高い評価を受ける必要があります。そのため、無計画にコンテンツを作成するよりも、検索するユーザーがどのようなニーズを持っているかを深く掘り下げて調査すべきです。

コンテンツが見やすいこと、使いやすいというデザイン要素も評価の判断基準となります。1つのコンテンツにどういったことを盛り込めばユーザーは満足してくれるか、どのような表現をしたらよいかを考えましょう。

ユーザーのニーズにあったコンテンツの作成をすることは集客ができるということです。対策するキーワードが指名検索キーワードやビッグワードの場合は、1ページのコンテンツだけでは上位表示となるにはとても困難となります。

対策キーワードが、ユーザーの想起度に分類されるミドルキーワードの場合だと、ユーザーは特定の商品やサービスが明確になっているわけではありません。比較するつもりだったり、悩みが何かしらあるというような意図欲求があるからこおの検索となります。

これらの検索クエリはインフォメーションクエリであることも多いようです。ユーザーが調べたいトピックが1つに絞られるということで、対応するコンテンツを1ページ単体で作成する施策が有効となります。

とはいえ、調べたいトピックが1つでも、検索して欲しているものは多種多様です。そういった場合は、やはり網羅的に問題を洗い出す必要があります。ユーザーの悩みに寄り添うコンテンツにしなければなりません。

「Navieve of SEO」トップヘ