内部要素の調査

インデックス数というのは、検索エンジンがクロールして、データベースに格納したページ数のこと。検索エンジンでは、検索結果を表示するのに、クロールして集めた情報を、格納したデータベースから出力することをしています。

ただ、検索エンジンがクロールしたとしても、すべてのページをインデックスするわけではないといいます。リンク構造が適切じゃなかったり、サイトに不具合があったりするとインデックスは正しくできません。100のインデックスがあったとしても、80という数になってしまうこともあります。

インデックス数は、競合サイトの規模などを判断するのに使います。自社のサイトが競合サイトよりもインデックスの数や特定コンテンツのインデックスが劣っていたら、コンテンツの追加などを施策するようにします。

インデックス数を調べるには、グーグルの検索演算子siteコマンドが手軽です。関連サイトを検索できるrelatedコマンドなどいろいろな絞り込みができるものがあります。サイト全体のコンテンツの網羅性というのは、ある特定のトピックに関して検索をするユーザーが求めているのはどんな情報かということに対して、それがどのくらい網羅性があるのかを白めべます。

詳しいサイトというのは、特定コピックに対するコンテンツの網羅性が高いサイトを指します。特定キーワードを含むページのみを検索結果に表示させるには、コンテンツ量と網羅性はsiteコマンドのドメインにキーワードを追加します。

ページ単体でのコンテンツの網羅性も、競合するサイトと比較してみるべきものだといえます。定量的な数値として、メインコンテンツの文字数もトピックの網羅性を表す目安となります。

「Navieve of SEO」トップヘ