管理人のメッセージ

検索ユーザーが抱える悩みや疑問というのは、ネットの掲示板や口コミサイトなどを参照するという方法があります。

サイトと関連するカテゴリーやスレッドの内容をEXCELにまとめるようにしましょう。ユーザーが抱える疑問から、作成したコンテンツなんかを見比べてみて、足りない部分は加筆や変更を検討しましょう。

ユーザーのニーズを踏まえて、コンテンツにどのようなトピックを組み込むべきか、その骨組みを考えます。マインドマップを使って考えると便利です。マインドマップというのは、イギリスの作家が提唱した思考法です。考えを可視化する手法として人気のある思考法です。人間の脳には、1つのキーワードからもう一つのキーワードへ情報を関連付けて、放射状に思考を広げていくという特性があるそうです。

コンテンツのテーマをマインドマップに沿って考えることで、検索ユーザーの気持ちを踏まえたコンテンツテーマを考えることができます。マインドマップで、検索ユーザーの知りたい情報や悩みといったことを自由に膨らませていきます。

コンテンツにするのが難しいものや、1つにまとめるのが難しいということもありますが、まずは頭に浮かんだことをどんどん書き出しましょう。そうして、検索ユーザーのニーズを網羅していきます。1つの記事に1つのマインドマップを作るのが望ましいといえます。

コンテンツを作成しているときに迷ったら、マインドマップに立ち返るという作業をすると、軸がブレることがなくなります。マインドマップを作成する際に情報の網羅性に注意をしなければなりません。

ユーザーのニーズを満たす情報を必ずページに存在させること。そして競合ページとの差別化を図りたいものです。

「Navieve of SEO」トップヘ