SEO施策とスパム対応について

検索エンジンのアルゴリズムというのは、ユーザーが求める情報を的確に返すということが目的です。それに対してSEOはグーグルの検索結果の上位に表示させようというのが目的となります。そうなると、一部のSEO施策者の中には、アルゴリズムのすきを突くということをする人がいます。ユーザーに不利益を与えてでも、検索エンジンで高評価を得られるスパム行為を繰り返すのです。検索エンジンは、当初はスパム行為を見分けられませんでした。そのため、スパムサイトが検索結果に表示させてしまって、ユーザーにとっては大変不利益な状態になっていました。こういったことを回避するためにも、スパムサイトを見分けて評価を落とすというアルゴリズムへ修正がされていきます。検索サイトというのは本来の目的は、ユーザーが求める情報を的確に返すためということを忘れてはいけません。スパム行為を意図的に行うのはもってのほかです。これはSEOにとっても良くないといえます。けれど、スパム行為というものをしらないで、意図せずにスパム行為をしてしまっているケースもあります。また、過去のスパム施策がサイトに残っているケースも見られます。自サイトはスパムと関係ないと思っていても、スパムの内容を確認すべきです。そうして自分のサイトにスパム行為がないことを確認してください。スパム行為というのは、そもそもどんなものなのか。それは価値の低いコンテンツのこと、質の低い被リンクのこと、そしてクローラへの偽装行為といった三項目です。検索エンジンの高い評価を得るために、不正な行為であるコンテンツスパムが横行するという時期がありました。現在はアルゴリズムへの修正が加えられています。

「Navieve of SEO」トップヘ

「SEO施策とスパム対応について」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。