SEOとユーザーニーズの深堀り

SEOの対策キーワードで検索するユーザーのニーズを深堀りします。サジェストキーワードの取得を調査するのも深堀りになります。対策キーワードのサジェストキーワードを洗い出して、どのようなニーズがあるかを確認しましょう。例えば、「掃除」なら「もの」や「場所」といったことが明確になっているようなキーワードならば、ユーザーニーズが顕在化しているといってよいと思います。それらを盛り込んだコンテンツをつくりましょう。共起語というのは、文章中に含まれる特定のキーワードで、そのキーワードとともに頻繁に出現する単語のことをいいます。キーワードが「掃除」なら、「便利」「グッズ」といったものです。こういった同じ文章の中に特定のキーワードと一緒に出現する可能性が高い共起語を洗い出しましょう。共起語を抽出するツールもあります。無料なので使ってみるとよいでしょう。有料のものはもう少し深く共起語を探してくれるそうです。特定のキーワードの検索意図を知るのに、競合ページで上位のものを確認するとよいでしょう。対象キーワードの検索でどういったものが上位に表示されるのか、どのような内容で書かれているのかということを確認します。これは目視でチェックするほうが、隠れたニーズを見つけることにつながったりします。上位競合ページを確認すると、そのキーワードで検索したユーザーの検索意図も知ることができます。それはグーグルがユーザーニーズに合致する検索結果を返すからです。もちろん、競合する上位のページと同じものを作っても意味がありません。上位の競合ページにも、何かしらの不満をユーザーは抱いているはず。ユーザーのニーズを汲み取るのも大切です。

「Navieve of SEO」トップヘ