QDFアルゴリズム

QDFアルゴリズムとフレッシュネスアルゴリズムというのは、とても似ていますが少し違います。

フレッシュネスアルゴリズムというのは、より新しい情報が書かれているページを高く評価するものです。QDFアルゴリズムは、今、話題になっているものに焦点を当てています。

一方のフレッシュネスアルゴリズムは話題性は関係ありません。記載されている情報が他のページの情報に比べて新鮮であるかどうかということです。

例えば、フライパンの特徴といったコンテンツは、新鮮なものが求められます。けれど、このコンテンツが5年も更新されていなかったらどうでしょうか。料理器具というのは、小さな町工場などが新しい感覚で新商品を出している熱い分野です。この5年の間に、技術革新もありました。それが更新されていないとすると、せっかくの技術革新が知られることもなく、検索ユーザーにも利便性はとても低下するということになります。

そういった意味で、検索エンジンは情報の鮮度も評価軸に置くのです。QDJアルゴリズムを意識したSEOはておも重要ではあります。ただ、必ずしも、QDFアルゴリズムが適用されるわけではないようです。

QDFアルゴリズムの上位表示は一時的なものです。そういったものを狙ったSEOは重要とはいえないかもしれません。ただ、新鮮な情報や最新情報を求められるようなサイトは、QDFアルゴリズムを意識したコンテンツを作成するのも大切です。

ニュースサイト、コミュニティサイトなどのCGM関連サイト、キュレーションメディア、Q&Aサービス、ブログメディアといったものは、QDF対策が有効に機能すると考えられています。長期的な目線でコンテツの作成をすることが重要です。

「Navieve of SEO」トップヘ